So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『而今』衝撃的な味わい [日本酒]

5月4日

今日は念願だった!『而今』を飲んだ。
そうです。都内の酒屋23件歩きまわって探した銘柄です。
圧倒的に好評価だったが、一部結構きつい評価もある。
評価が分かれていたので、是非飲んで見たかった。

料理は、ジンギスカンであったが日本酒の酒質をつかむ為、
食べ物なしで、まずは二合頂いた。

晩酌酒のご紹介
木屋正酒造(三重県)
特別純米 而今 九号酵母無濾過生

杜氏:大西 唯克
原料米:五百万石(100%)
精米歩合:60%
ALC:17~18度未満
酵母:9号
日本酒度:+2
酸度:1.7
アミノ酸度:1.5
醸造年月:20.02
『10℃以下で保存してください。』と記されている。
IMG_0095.JPG
正直驚いた!
見事な酒質だ!
メロンの様な瓜系立香が、お酒を注ぐ際に部屋に広がってゆく。
驚く事に精米歩合60%で、無濾過の酒にも関わらず、ほとんど透明で綺麗な酒である。
口に含むと洋ナシの味わい、舌触りは今まで感じた事がない感触。
言葉にすると、まろやかではなく。つるつる又は、つるりと言う表現が適切。
最後に、酸味を少々感じながら余韻がサーと消え去る。

また、じっくり味わうと少々木樽のようなナッツのような感じ、
本当にかすか若干であるが、最後の酸味と訪れるのが感じられる。

香り・味・色・舌触り・余韻この価格で、味わえるのは信じがたい。
特に舌の上での、つるり感・つるつる感は、いくらお金を払って高い
酒を買っても味わえない特徴だ。

正直、舌触り以外は無濾過でなく、山田錦の特A地区特上米で
精米歩合を極端に低くし、モロミ日数を長く醸せば、マネは出来
るかもしない。

同じ米、同じ無濾過でこの酒に近い酒を醸すのは、大西杜氏
だけだろう。私ごときが言うのも失礼ですが、本当にスゴイ酒だ。
丁寧な仕事をされているのが、一口で伝わってきた。

『過去に囚われず未来に囚われず今をただ精一杯に生きる』
と裏ラベルに記されている。『而今』の語源なのか?
まさにそんな思いで丁寧に最善を尽くし続ける中で、生まれた
酒だとはっきり解る。

非常に飲みやすい酒だけに、万人が欲しがるのも良く解る。
杜氏さんが、どう思うか?私には解らないが、せめて色々な
酒質を味わえる日本酒好きに優先的に飲んでもらいたい。

飲みやすい・美味しいのレベルでこのお酒を飲むのは、贅沢
だと個人的に感じた。もっと色々な酒を飲んで、はっきり違い
が解る人に飲んでもらいたいと思う。

このお酒にドップリ漬かったら、他のお酒が飲めなくなる様な
気がする人は、個人的に飲んで欲しくない。
みっともないが・・・。家内は、飲みやすい酒質故、珍しく酔い
つぶれてしまった。

どんどん特徴的な酒は出てきて欲しいし、私自身も発掘しな
ければならないと思った。

而今との素敵な出会いに乾杯[exclamation]

私が管理人のホームページ:日本酒愛飲会(酒販店ではありません)
http://www.nihonshu-aiinkai.com/
毎日ブログを更新し、ブログ村のランキングに参加しております。
順位を上げて充実感を味わいたい!。どうか下の小さなバナーを
クリックして下さい。ご協力お願い致します。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 酒ブログへ


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。